元プログラマが、株・先物・FXをはじめました~(。-`ω´-)ぅぃ 日々の予想や取引結果を記録していきます。 生活できるようになるといいなぁ~~~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Meta Traderを適当にいじってみた。

わかったことは以下のとおり。

1.MetaTraderのプログラミング言語(MQL4)で売買システムを作れる
2.MetaTraderのMQL4はC言語風、DLL(ダイナミックリンクライブラリ)内の
  関数を呼び出せるので、その気になれば、Windows上でできることは何でもできる。
  逆にいうと、音をならしたり、メール出したり、印刷したりしたければ、
  DLLを作らないといけない。
3.MetaTraderで為替の4本値データを取得できる。
  1999年から~現在までの4本値のデータ。1分足からある。
  CSV形式で出力可能。
4.MetaTraderは、DDEサーバーの機能があって、現在の為替レートをDDEクライアントで
  取得できる。Excelのサンプルが付属している。
5.MetaTraderは、4本値の為替データをサーバからHTTPで取得している。
  取得したファイルは、拡張子がDAT。フォーマットは不明。


どうやって自分のシステムをつくるかを考えたが、

Meta Traderにはデータだけを提供してもらって、売買ルールはこれまでどおりPythonで演算させようと思う。


Pythonで書いた売買ルールをMQL4に移植することで、バグが増える可能性があるし、
それをするのも面倒だなぁ~と。
何より、売買をするにも、何するにもDLL作る必要があるのが。。。めんどくさい。。。

上の5のMetaTraderがサーバからダウンロードするファイルのフォーマットがわかれば、
もっと自動化ができるのだが。。。。・゚・(*ノД`*)・゚・。
わからないので。。。以下の方法で、システムを運用しようと思う。

1.MetaTraderとDDE通信して、現在の為替レートを取得。
  取得したデータをDBに登録する。これは、1分毎に繰り返し行う。
  (DBに最新のデータを登録し続けるため)
2.MetaTraderで過去から現在までの為替レートのデータを取得。CSV形式で出力。
  出力したファイルをDBに登録する。
  (DBに過去のデータを登録するため)
3.DBのデータを用いて、売買ルールを検証。売買判定がでたら、メールで指示を出す。


2のツールは、すでに完成っ!!
そのうちアップします。

3も、すでに売買ルールはあるし、メールを出すのは、そんなに難しいことじゃない。
すぐにできると思う。

1のツールもすぐにできるとおもったんだけど。。。
PythonのDDE関連のモジュールがDDEのホットリンクに対応していない???っぽくて、
うまくレートが取得できない。。。ρ(・ω・、)イジイジ

しかたないので。。。CでDDE通信を行うDLLを作成中。。。
これをPythonから呼び出すつもり。。。


めんどい。。。



約150社に及ぶ国内外の金融機関にマーケット情報を提供するフィスコ

その分析ノウハウと独自の情報網を駆使した、上質の投資情報をお届けします



もしよろしければ、投票お願いいたします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guutaratoushi.blog97.fc2.com/tb.php/498-c49397b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
改訂版:FXパラレルトレード〓【負ける理由が見つからない・視点が全く違うトレード法】エクセルで為替データを自動取得後の自動蓄積方法エクセルで為替データを自動取得後の自動蓄積方法エクセルのWEBクリエを使って毎日為替データ(日足4本値)を取得しています。別の
2007/10/31(水) 07:34:35 | 30日もあれば稼げる日経225先物・日経225mini・FXのマル秘必勝法
為替為替(かわせ)とは、為替手形|手形や小切手、郵便為替、銀行振込などによって金銭を決済する方法である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。日本では江戸時代の大坂を中心に
2008/01/05(土) 10:38:34 | うたのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。