元プログラマが、株・先物・FXをはじめました~(。-`ω´-)ぅぃ 日々の予想や取引結果を記録していきます。 生活できるようになるといいなぁ~~~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MetaTraderに関連する記事をまとめるブログを作成しました。

こちらです。

自作インジケータや、シミュレーション結果などを記していくつもりです。

もしよければ、ご覧ください。
[MetaTrader用ブログ作成]の続きを読む
スポンサーサイト
為替データ取得ツールを更新しました。
2008年度に対応してます。
また、GMTの計算でバグがあったのを修正しています。


さらに、以下のツールをアップロードしています。


もし、よければ使ってやってください。

使い方は、ダウンロード先のホームページ記載いています。

商品先物や、日経225のリアルタイムデータの
いい採取方法がなく、システムがつくれないと思っていたのだが。

よく考えたら、DDE通信に対応したツールがあれば、
リアルタイムデータは取得できることに気づいた。

<日経225>
楽天証券に口座をもっていれば、
リアルタイムスプレッドシートが使える。
日経225関連はこのツールで、
リアルタイムデータの取得が出来る。

<商品先物>
ドットコモディティに口座を持っていれば、
Futures Analystというツールが使える。
商品先物関連はこのツールで、
リアルタイムデータの取得が出来る。

MACDベースでいろいろ、パラメータいじったり、損きりルールを変えたり、
いろいろ試してみたけど。。。。

システムトレード。。。
うまくいか~~~~~~ん。・゚・(*ノД`*)・゚・。

Meta Traderを適当にいじってみた。

わかったことは以下のとおり。

1.MetaTraderのプログラミング言語(MQL4)で売買システムを作れる
2.MetaTraderのMQL4はC言語風、DLL(ダイナミックリンクライブラリ)内の
  関数を呼び出せるので、その気になれば、Windows上でできることは何でもできる。
  逆にいうと、音をならしたり、メール出したり、印刷したりしたければ、
  DLLを作らないといけない。
3.MetaTraderで為替の4本値データを取得できる。
  1999年から~現在までの4本値のデータ。1分足からある。
  CSV形式で出力可能。
4.MetaTraderは、DDEサーバーの機能があって、現在の為替レートをDDEクライアントで
  取得できる。Excelのサンプルが付属している。
5.MetaTraderは、4本値の為替データをサーバからHTTPで取得している。
  取得したファイルは、拡張子がDAT。フォーマットは不明。

USD/JPYのパラメータ調整完了した。
2004/4/1~2006/12/1までシミュレーションした結果がこんな感じ利益変化071026

RCIは、レンジ相場だと、そこそこいい指標になるんだが、ある程度1方向に動くような状況になると、とたんにひどい結果になる。Y(>ω<、)Y ヒェェーーッ!
これまで、ちまちまシステムトレードのためにちまちまツールをつくってきて、
一通り完成した。


・データ採取ツール(FxUpdater)  
 FXの分足データを収集するソフトウェアです。

  このソフトウェアは、ホームページにアップロードました

・チャート表示ソフト(ChartAnalyzer)
FXの分足データをもとに、チャートや、テクニカル分析の結果をグラフで
表示するソフトウェア

プラグインにより、機能追加が容易にできる。


・データ解析ソフト(DBAnalyzer)
FXのデータの統計情報等を演算するソフトウェア。

プラグインにより機能追加が容易にできる。


・システムシミュレーションソフト(TradeSimulator)
売買ルールと証券会社の手数料を指定すると、売買をシミュレーションすることができるソフトウェア

売買ルール、証券会社の手数料などは、モジュールにより追加できる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。